やわらかいまいにち

すきなものを好きっていう場所です。

Kindleで読んだ本と買ってよかったエピソード

Kindleを買ってから、まもなく3ヶ月が経つようです。

t-cabi31.hatenablog.jp

このときは何を読めばいいのかわからないと悩んでいましたが、あれから3冊ほどKindleで本を読みました。買った本とともにKindle買ってよかったエピソード書いていきます。

ひとつめ

こちら前に会社の先輩が勧めていた気がして、600円ちょっととお安いので通勤時間用に購入しました。

通勤時間のKindleはとっても快適! 満員電車だとスマホの画面が隣の人に見えるのすっごいストレス、でも何もしないのもすっごいストレスなので、片手で操作できてインプットもできるKindle最高!! と思っていました。通勤、もうしてないけど。

内容としては、USJの立て直し物語でパークだいすき人間としては興味深い点も多かったです。ただ、途中からどうも「わたし、これだけの壁をこうやって乗り越えました!どや!」って感じが疲れてしまい*1、読み切ることはできていません。もう少し元気になったら読みたいな。

ふたつめ

鈍感な世界に生きる 敏感な人たち

鈍感な世界に生きる 敏感な人たち

 

 これを読む前に読んだ本に影響を受けました。これです。

敏感すぎて生きづらい人の 明日からラクになれる本

敏感すぎて生きづらい人の 明日からラクになれる本

 

ちょっとしたことを気にしすぎる、過敏に反応してしまうとか、そういう心理をもっと客観的に理論的に解説してくれる本を求めていたらここに行き着きました。HSPと呼ばれる性質について書かれた本です。

HSPについてはまた今度書きたいのですが、とにかくこれを読んで良い意味で諦めがついて少し生きやすくなった気がします。

ちなみにこれは本屋で見つけて「Kindleにもあるんじゃない?」って探したところ、Kindle版があって本を買うより安かったのでKindle版で購入しました。こういう悩み系の本って家族の前で読みづらいけど、Kindleなら表紙で内容バレるなんて心配がないのでとっても気楽に読めました。

みっつめ

永い言い訳 (文春文庫)

永い言い訳 (文春文庫)

 

「妻が死んだ。これっぽっちも泣けなかった」のコピーがずっと気になっていたもっくんこと本木雅弘さん主演映画の原作です。

旅行の移動時間用に購入しました。旅行にKindleも最高です。軽いしかさばらない。ページの間にものが挟まらない。

結局旅行の時間じゃ読みきれなくて、帰ってきてもスキマ時間は全部Kindle開くくらいにはまって一気に読みました。考えさせられる系だったので旅行には向かないけども、とってもハマりました。(温泉浸かっている間にもずっとこの話のこと考えてた。)

まとめ

移動中とベッドの上で「Kindle買ってよかった」と何度も思いました。

ベッドの上で読んでいても、手を滑らせて落としてどこまで読んでたかわからなくなるとかないし、多少部屋が暗くても画面がほどよく明るいから読みやすいし、就寝前にスマホ見なくなるから快適に眠れます。最高。

3カ月で3冊か……もうちょっと読みたい。今は節約中なので本を購入できてないけど、家族のKindle Unlimitedを借りていろいろ読みたい。ビジネス書は少々でおなかいっぱいになりそうなので、人が死ななくて読んだ後に温かい気持ちになれるような小説をいくつか。

読書の秋にできるかな。食欲がやっぱり勝つ気がするな。

*1:読んでいたときに会社に病んでいたことが多分に影響している自覚あります

隔たりのない星野源さんの話を聞いて

先日、radikoで『星野源オールナイトニッポン』を聞いていたとき、星野源さんってすごいなと思いました。

リスナーさんからこんなメールが来たときのこと。(※内容はニュアンスです。)

源さんこんばんは。
うちの娘はこの春、特別養護学校を卒業して就職をしました。その初めてのお給料で源さんのCDを買ったのです。

これに対して源さんは「うれしいですね、初めてのお給料でCDを買うって素敵ですね」のようなことをコメントしていました。

そのあとに、このメールに対して別のリスナーさんから来ていたメールも紹介していました。

源さんこんばんは。
わたしは特別養護学校で教師をしています。先ほどのメール、特別養護学校で生徒を見ているわたしにも〜〜〜(略)

このメールならさすがに障がいを抱える人に言及するのかな、と思っていたのに全然触れない。「初めてのお給料で物を買うこと」とか、そういうことを話題として取り上げていたので、わたしは「この人すごいな」と思ったのです。

何がすごいかって、こんなメール来たら「大変なこともあるけど、こうやって僕の音楽を手にとってくれるってうれしいですね」ってコメントもかんたんにできると思うんですよ。24時間テレビとか障がいとか病気の人を応援するスタンスの番組もあるくらいだし。なのに、そうじゃなくて。みんなにそれぞれある日常のひとつとしてコメントしていた。

わたしはジャニーズ好きだからそこそこ24時間テレビも見るけど、あの病気の人や障がいを抱える人をやたら取り上げる姿勢があまり好きじゃないんですよね。もちろん声を上げるのは大切だけど、あそこまで美化しちゃうと病気や障がいを抱える人が「自分は特別。健常者には普通でもわたしは頑張ってるんだからわかってよ」と思っちゃうんじゃないかなって。いや、実際そういう態度で来る人を知っていたので余計に思うんですけど。そして、このわたしの文章こそ誰かを隔ててしまっているのかもしれないと恐れているんだけど。

でも源さんは、そういうんじゃなくて全部ひっくるめて変な隔たりなくコメントしていたからすごいなって思いました。

Family Songという最新シングルについても、

「これまでの家族の曲もとっても素敵で好きなんだけど、どこか親子って、子供がいない家族の人はどう思えばいいんだろうって。そういう人たちに届かない家族の歌って、もったいないというか。部外者お断り、って雰囲気をなくしたくて」
(SONGSより。ニュアンス引用です。)

と言っていたんです。多様化していく家族の形を肯定していくってかんたんそうで難しいのに、この人はこうやって包み込んじゃうんだ。

それを表現できるのも、しかもそれを柔らかい姿勢で捉えていく姿勢も「ふぁ! 星野源すごいな」ってここ最近特に思います。

星野源さんって、個人的にはすっごい変態なイメージが強かったのに、最近「この人すごいな」って思うことが多くて。音楽について語るときも「くはー、音楽作る人ってそんなところこだわるのね……!」と学びも多くて楽しいです。気付いたら毎週radikoのタイムフリー機能でオールナイトニッポン聞いています。(夕飯作りながら聞くことが多い。)

なのに急に「ちくビンゴやってよ!」とか言ったりするから、やっぱりこの人変態なんだと思う。褒めてます。キッチンからは以上です。

栗の渋皮煮にチャレンジ

昨日、栗の渋皮煮にチャレンジしました。

完全に『リトル・フォレスト』という映画の影響です。相変わらずわたしって単純な人間だな。*1

結論から言うと渋皮煮作り、すっごい大変だった。

スマステ最終回終わり*2、午前0時過ぎに栗を剥き始めて、一段落したのが午前4時過ぎ。鬼皮をむく、むけないから熱湯で3分くらいゆでる、もう一回鬼皮を剥く作業、むけたら重曹を入れて沸騰させて5分、取り出して洗いながら筋を取る、重曹を入れて5分沸騰させてお湯を流してを2回、重曹を抜くためにただの熱湯で5分沸騰させて流して、水を入れ替えて砂糖を入れて20分弱火で煮込んだ! こんなに時間かかるとは……!

今日買ったんだから今日のうちに作らなきゃ! という謎の使命感に駆られて「まよなかキッチン」を開催してしまった*3。2時半くらいにすごい後悔しました。

ハプニングも続出でした。鬼皮だけ剥きたいのに渋皮までむいちゃうし、煮てるとほろほろ崩れていくし、繊維を取りたいのに渋皮むけていくし、家にあるお砂糖がきれちゃって分量足りない午前3時。「もういっか、失敗でもいい!」と開き直ってレシピの半分ちょっとの量のお砂糖を入れて寝ました。

朝起きてから味見すると、それなりに食べられる味だった。全然渋くないし、優しい甘み。わーい! 砂糖が足りない分、保存は効かないだろうけどそれはまた考えよう。

f:id:t-cabi31:20170925013504j:image

(写真で見るとくわい煮たのかな? って思うね。四角い器のものは崩れたものを集めた結果です。味はおいしい。)

インスタグラムに載せられるようなおしゃれな見た目にはならなかったけど、初めて作ってみて楽しかったです。そして、こんなに手がかかるんだから、これからモンブランの上の栗はもっと大事に食べようと思いました。(わたしはモンブランがとても好き。)

やってみて思ったけど、これは真夜中にする作業ではないね。時間のある午後の昼下がりに作るものだと実感しました。

でも楽しかった! またやりたい! 次は成功させたい!

*1:去年『海街diary』を見たあとには梅酒を作った。

*2:これについても語りたいけど、長くなるので機会があれば。

*3:たまにやる「まよなかキッチン」。深夜に突然料理したくなる発作みたいなもの。クッキー焼きたくなる衝動に襲われ、そのまま作ることが多いです。

音に乗せる物語 - 『蜜蜂と遠雷』感想文 -

中学のころ、不思議な体験をした。

吹奏楽部だったわたしが毎日毎日練習をしていたある日のこと。第2音楽室のベランダから田んぼに向かって個人練習をしていると、隣で吹いている友人のユイちゃんの音がおかしい。吹いている曲はいつもと同じなのに、音が、なんというか、滲んでいる。一緒に練習していたエリカと思わず顔を合わせてしまったとき、確信した。

「ねえ、ユイちゃん。何か悲しいことあった?」

そう尋ねた先の答えは忘れてしまったけれど、確かに彼女には悲しい出来事があって「普段通りを装っていたのに」なんてことを言っていた。

音には、感情が乗っかるんだ。どんなに見た目を取り繕っても、音には生身の表情が映ってしまうらしい。この時わたしはそれを確信した。14の秋のことだった。

f:id:t-cabi31:20170813013653j:image

蜜蜂と遠雷』の舞台はピアノの国際コンクールなので田舎の中学生の部活とはレベルが違いすぎるけれど、音には目に見えない感情や思いや個性が乗るんだと、本を読んで思い出していた。この本の中に広がっていたのは、音に乗った感情や思いや個性が、文字で表現されている世界。

物語は登場人物の数だけでなく、演奏される曲についても語られている。人と人、人と曲、曲と曲、それぞれの物語が交差してドラマが織りなされていくようすを目撃するたびに、その人、その曲にじわりと、時に強く、感情を動かされた。

わたしはクラシック音楽に明るくはないし、この本に出てくる楽曲のほとんどは思い浮かばない。それでも、曲の持つ世界観に引き込まれていた。曲を聞いているときや弾いているときの気持ちの描写でここまで音楽を表現できるなんてと驚くけれど、確かに音楽が聞こえているようだった。さらに言うと「あの人に抱いているイメージが合っているのか」とか「あのときのセリフの意図を確かめたい」とか、実際の曲を聞いて答え合わせをしたいと思っている。

「何度も読み直したくなる」の枕詞を持つ本はたくさんあるけれど、この本はその逆で「その先を描きたくなる本」。この本の先にある物語を、もっと読みたい。主人公たちの人生を追いかけたい。読み終えて回想しながら、そんなことを思った。物語の先をこれほどにだれかと話したくなる小説は、今までなかったんじゃないかな。それでも読後感はとても爽やかで、広い原っぱへ駆け出したい衝動にもかられている。

とても充実した読書時間だった。だれも殺されないし、だれかの命の危険を感じることもない。読み進めるたびにワクワクして、ふわりとあたたかい気持ちになれて、自分も前に進みたいとやわらかく、だけども強く思える物語。

今のわたしが楽器を演奏したら、どんな言葉が紡がれるのだろう。久しぶりに楽器を触りたいな。

30歳の遠吠え

はやく30歳になりたい。10代のころ、そう思って生きていた。30歳にでもなれば立派な大人で、東京で自由に生きていて、仕事もそこそこバリバリこなしていると思っていたから。最近「女の賞味期限はクリスマス」なんてことが話題になっていたけど、そんなこと知らなかった。若さよりも、貫禄や包容力が欲しかった。

今日で30歳。
なってみると全然自由なんかじゃなくて、漠然と想像していた感じとはほど遠い。人生設計なんて大それたものはなかったけど、想像してなかったこともたくさん起きている。それでも思っていた通りに身体は丈夫で、持病と言えば万年肩こりなことくらい。大きな病気になったことがなかったのは、運が良かったんだろうな。

ただ、もう少し自由に生きてみてもいいんじゃないかなあと、思うのです。毎日の満員電車で心を殺すよりも、社内政治に病むよりも、人を蹴落としてまで自分をよく見せる人と戦うよりも、もっと自分の理想に向けて時間を使ってもいいんじゃないのかなって。

そんなことを考えたので、現在ちょっと生活を見直しています。現在進行形。30歳からは自分の好きなひとやことのために、もっと時間も力もお金も使いたい。きっと、そんなふうに生きられる。気がする。気がするだけなんだけど。

***

と、言うことで今日はずっとポルノグラフィティの『Let's go to the answer』を聞いています。

www.utamap.com

30歳になるにあたっての抱負を書いた曲。初めてこの曲を聞いたとき、わたしは17歳だった。ついにあのころの彼らの年齢に追いついてしまった。わたしも「30'sの理性が行く手邪魔するようなら捨てろ」って歌っていきたいし「螺旋のこの道は必ず上につながってる」って17歳のあのころも、今も、変わらず信じてる。

f:id:t-cabi31:20170801004240j:image

30歳の抱負は「無理をしない」です。頑張らなきゃいけない場面もあると思うけど、肩肘張らずにやっていこうと思います。

***

それと、「歓声にも罵声にも拍手喝采にも振り返んない」、です。

下北沢から三軒茶屋をぶらり

行ってみたいパン屋を見つけた。場所は下北沢。特に誰にも話していないけど、わたしはベーグルが好きで、大学4年生のときにできた近所のベーグル屋さんにもよく通っていた。黒豆ベーグルが好きだったな。

それはまた、別の機会に行こう。

そう、下北沢。インスタでたまたま見つけたベーグル屋さんに、とても行きたいと思ったのだ。調べてみると駅から少し歩く。まあいっか。歩くと言っても300mほど。先日霞ヶ関の駅で、改札通ってからホームまで400mって言われたから、それよりは近い。

地図を広げると、どうやら下北沢からお店までの道をそのまままっすぐ進むと三軒茶屋の駅に着くという。グーグルマップ曰く、時間にして30分。なんだ。近いじゃん。歩こうっと。

ということで、今日の散歩のスタートは下北沢駅

f:id:t-cabi31:20170724174939j:image

下北沢の駅は何度か降りたことがあるけれど、明るい時間に来たのは初めてだった。ごちゃごちゃしているけど、それが心地いいこともあるんだろうなあ。

結論からいうと、この日の目的地であったベーグル屋さんはすでにソールドアウトで終了していた。でも、別の素敵なパン屋さんに出会った。『アンゼリカ』さん。今月末に、閉店するという。

f:id:t-cabi31:20170724175941j:image

社長が亡くなってしまったことが理由だと、張り紙に書いてあった。

f:id:t-cabi31:20170724175558j:image

みそパンも名物だと書いてあったけど、売り切れ。2つ買ったカレーパンはずっしりとしていて、袋に入っているのにすごく温かかった。

f:id:t-cabi31:20170725190551j:image

初めて見つけたお店なのに残念だな。なんて、そう思うことはわたしのエゴなのかもしれないけど。 

それからは、ひたすら道沿いに歩いてみた。

f:id:t-cabi31:20170725191246j:image

 かわいい看板のパン屋さん。

f:id:t-cabi31:20170725191202j:image

漫画に出てきそうな看板、というかフライパン。キッチンマカロニを思い出した。*1

f:id:t-cabi31:20170725192221j:image

UBER EATSって、なんか都会っぽい。

f:id:t-cabi31:20170725192259j:image

突然のゴリラ……?

ほかにも役目を終えた学校の壊されている壁の向こうの落書きを見たり、「このサミットって前の会社のあの人がよく行くところかな」とか思ったりしながら歩いていたら、無事に三軒茶屋に到着。写真撮るの忘れたけれど。

下北沢から三軒茶屋って、電車だと乗り換えに歩くし意外と電車賃もかかるけど、歩いてみるとこんなに近くの街なんだな。知らなかった。都内は駅ベースで地理を考えることが多いうえに、地下鉄だと曲がっていることさえ気づかないから、どこを走っているかイメージ湧かないんだよなあ。

こんなふうに違う会社の駅を渡るように散歩したり、地下鉄の地上を歩いてみるっておもしろいのかも。(いつもそんなこと意識はしないで歩いていた。)

以上、週末散歩でした。

 

追伸***

カレーパンは生地がもちもちで、カレーもたっぷりで、本当においしかったです。

*1:ドラマ『ランチの女王』より

夏にも散歩がしたいので。

ひたすら歩く癖がついたのは、東京に来てからだと思う。

暇だし、お金ないし、頭の中整理されるから。そんな理由で毎日横浜の街を歩いていたなあ。毎日ほとんど同じところしか通らなかったけど。いつも決まって横浜天理ビルあたりから駅の地下通路に入って、そごうまで抜けて。気が向いたらみなとみらいへ。用もないのに。やみくもに、てくてくと。

今でもそれは変わっていなくて。週末には3時間くらい平気で歩くこともある。うん、びっくりするよね。クレイジーな自覚はある。

でもさすがに夏は暑い。しかも日に焼けると黒くなって冬まで治らないからなるべく日差しは避けたい。でも外を歩き回りたい。日焼け止めは塗りたくない。あー、わがままだなあ、わたし。

そこで、この夏はアイテムを取り入れました。

じゃん!

f:id:t-cabi31:20170721100530j:image

大きなツバの帽子〜〜!

これがとっても優秀アイテム! そして夏のお嬢さん感を楽しめる! 被るだけで夏っぽさ。多少視界は狭まるけど、まあいいのです。帽子を被るって蒸れるからあまりしなかったんだけど、使ってみるとそんなこともない。むしろたまに取ると蒸していたから風がすごく気持ちよくかんじて「風ー!好きー!」ってなります。ちなみにセールで3000円ちょいで購入しました。たためるし、シンプルだし。たくさん使います。

そしてもうひとつ、じゃん!

f:id:t-cabi31:20170721100603j:image

セザンヌの下地と無印のコントロールカラーの合わせ技〜〜!

メイクの話です。セザンヌ:無印=9:1で混ぜて塗る。これが崩れにくい。汗に強い。ここにパウダーを塗るのが、わたしのデフォルトメイクです。先日3時間くらい歩いて汗かいていたのですが、ほとんど崩れずに過ごせました。タオルでこすらないのもポイントだとは思う一方で、全然崩れなくてうれしい。しかも無印の方はSPF50。*1 

これで結構快適なので、この夏もたくさん歩こうと思います。暑いから早朝とか夕暮れどきにも歩こうっと。

きっと、忘れられない夏になる。

……って言いたい。そんな夏にしたい。あっという間に夏過ぎそうだけど、どうするかはわたし次第なんだよなあああ。いえす!

*1:SPF違うものを混ぜて使うと結局どうなるのですかね……効果なくなるとか聞いたことありますが。正しい見解がわからないままです。